ボタ(貝ボタ)    田原市堀切町浜藪
「ボタ」とは、堀切海岸沿いに造られている津波堤防で、約2.5kmにわたって続いている。 
嘉永7年(1854年)の安政東海・南海地震による津波を契機に、これ以上被害がでないようにと、当時の住民らが食べていた貝の殻に土を混ぜて、「貝ボタ」 と呼ばれる堤防を造り上げたという。
土の中に埋もれている貝殻のかけらを見つけたが、これが当時の貝殻かどうかは知らない・・・・

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年01月20日撮影 】

(1) 菜の花まつりの会場から「海への小道」 を進む

(2) 突き当りを左に曲がって、L 型にジグザグ曲がって海岸を目指す

(3) 海岸に沿って小高いボタ(防波堤)が続く

(4)

(5) 貝殻を探してみたが、これがそうなのかどうか? は定かでは無い・・・・

(6)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ