つばき公園  田原市田原町池ノ原
公園周辺には、江戸時代以降に家の囲いとしてつばきが植えられ、その美しい光景を童謡作家・石森延男著「日本ところどころ」で「椿咲く小道」として紹介されている。 現在では、200種、約5,000本のつばきが植えられ、真冬から初春にかけて様々な椿を楽しめる。 
また、近くには椿の垣根に囲まれた住宅が並ぶ つばき並木 がある。
 

石森延男 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 【 2011年02月19日撮影 】
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

PHOTO-8

PHOTO-9

PHOTO-10

PHOTO-11

PHOTO-12

PHOTO-13

PHOTO-14

PHOTO-15

PHOTO-16

PHOTO-17

PHOTO-18

PHOTO-19

PHOTO-20

2月下旬には梅の花もお出迎え・・・

PHOTO-21

PHOTO-22

フキノトウも顔を出している・・

PHOTO-23

PHOTO-24

障害者用トイレは公園入口にある。

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ