伊良湖岬灯台 田原市伊良湖町古山
黒潮おどる太平洋と紺碧の波静かな三河湾のコントラストが美しい岬にそびえたつ白亜の灯台は昭和4年に建てられたもの。
海の彼方に伊勢志摩の島々、手前には三島由紀夫 の小説、「潮騒」の舞台となった神島 と対している。 あたりがオレンジ色に染まる夕暮れどきは特にやさしい表情を見せてくれる。  1998年(平成10年)11月1日 「日本の灯台50選」に選ばれている。
渥美半島には、もう一つ、立馬崎灯台 があるが、ここは余り知られていない・・・・
三河湾  三島由紀夫  潮騒  神島  日本の灯台50選  
東三河の広場 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年05月26日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ