11等級 百々神社(どうどうじんじゃ)・磯丸の日の出松歌碑  田原市六連町六郎次89番地
創建は慶安5年(1652年)2月、山城国深草伏見稲荷大社より勧請したという。 例祭日は10月10日。
神社の狛犬は、玉を足元に置く「玉取り」と、子供の狛犬をあやしている「子取り」の狛犬が一対となっている。
百々神社の入口、鳥居の右手に竹薮があり、その前の空き地に磯丸の日の出松歌碑がある。
      ひとよとへのき端のつゆにてりそいてまつのこのまのつきのさやけさ
鳥居をくぐった右手には、たはらの巨木・名木100選(43)に選ばれているモミの木 がある。
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

PHOTO-8

「子取り」の狛犬

PHOTO-9

PHOTO-10

「玉取り」の狛犬

PHOTO-11

磯丸の日の出松歌碑
神社の鳥居の右手、竹薮の手前にある。

PHOTO-12

PHOTO-13

PHOTO-14

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ