岡田虎二郎邸宅跡  田原市田原町 
岡田虎二郎(1872〜1920)は明治5年に田原藩士岡田宣方の子として田原市に生まれ、全国の偉人を訪ね歩いて様々な思想や哲学を学ぶ。
アメリカに遊学後、自らの経験から得た自然の原理を基に独自の健康法 「岡田式静坐法」を創始した。
田原城跡 にある 護国神社 には、岡田虎二郎静坐座記念塔がある。
岡田虎二郎の墓は 蔵王霊園 の中にある。

岡田式静坐法 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 【 2013年03月23日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ