小川忠孝翁像 田原市赤羽根町西山
明治38年5月赤羽根西に生まれる。 赤羽根小学校を卒業して苦労をしながら身を興し静岡市で呉服店を経営され業界の役員等を歴任、業界の進行発展に活躍されました。 翁はことさら郷土を愛し想う心があつく地元西区を初じめ町内の小中学校、文化ホール建設事業、社会福祉事業等に多額の御寄付をされました。                                                                                                                                                                    銅像背面の説明より抜粋
この像はへんび稲荷社の入口にあり、冬はサザンカの花に囲まれ、春は桜の花に囲まれている。

東三河ゆかりの人   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年10月07日撮影 】
PHOTO-1

左奥に見えるのがへんび稲荷社

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ