貞治の石仏  北設楽郡設楽町東納庫若林23-1 昭和48年3月15日  町指定文化財
遠州高遠の石工・守屋貞治(もりや さだじ) は設楽町で延命地蔵の石仏を彫っている。 明和2年(1765) に長野県の高遠町に生まれ、天保3年(1832) 68歳で大往生するまでの間に336体の石仏を残しているが、県内ではこの石仏が唯一のものとか。
国道257号を北上すると、名倉カントリー入口の手前右手に案内標識がある。 その道路向かいを左に入ると、右前方に何やら石像らしきものが見える。 ここで確認しておかないと、近くに寄っても、道路に面していないので通り過ぎてしまうかも知れない。

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年03月06日撮影 】
PHOTO-1

新城から向かうと道路の右側に標識がある

PHOTO-2

その道路向かいのここを入る

PHOTO-3

ここから右手の方に石像が見える

PHOTO-4

道路に面していないので、見失わないように・・・・

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ