池葉守護神社の大スギ  北設楽郡設楽町小松字カシマ
池葉守護神社は、永禄5年(1562)頃、長篠城主の叔父にあたる菅沼満直が、和市集落を守るために南の岩古谷山に城を築き、その守護神として、ここに大明神を祀ったのが始まりという。   本堂の裏には、樹高 48m、幹囲り 8.3m、推定樹齢 600年以上、北設楽郡で最大と云われている大スギがあり、また、すぐ横には幹周りが10.3mもある合体木のスギもある。
途中からの道はすこぶる悪い・・・・ 車体を擦らないか心配しながらとにかく進むと、突き当りが守護神社の駐車場となる。

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年07月23日撮影 】
HOTO-1

ここを右へ鋭角に曲がる

PHOTO-2

この看板が目印だが、読み難い・・・

PHOTO-3

反対側の案内板はきれい・・・・ この未舗装の道を進む

PHOTO-4

ゆっくり走らないと、車の下を擦るかも?

PHOTO-5

悪路で、とてもスピードなんか出せない・・・・

PHOTO-6

守護神社の鳥居がある

PHOTO-7

ここから上らず、更に先へ進む

PHOTO-8

PHOTO-9

一番奥まで行くと広い駐車スペースがある

PHOTO-10

PHOTO-11

PHOTO-12

PHOTO-13

PHOTO-14

境内から先程の鳥居を見下ろす

PHOTO-15

本殿の後ろに聳える大スギ

PHOTO-16

 駐車場から見た大スギ。 貫禄がある・・・

PHOTO-17

PHOTO-18

PHOTO-19

PHOTO-20

PHOTO-21

PHOTO-22

PHOTO-23

PHOTO-24

PHOTO-25

すぐ横には、合体木が聳える

PHOTO-26

PHOTO-27

根元は完全に合体!

PHOTO-28

小動物の巣か? 小鳥の巣か?

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ