松山遺跡  北設楽郡設楽町津具字行人原29-4  昭和52年6月30日 町指定史跡
県道10号(設楽根羽線)沿いにある縄文時代中期の頃のもので、加曽利E式の土器類が採集されたが、県道工事で一部削られ、現在、その遺構はほとんど残されていない。
県道10号(設楽根羽線)を北上していると、右側の路沿いに標識がある。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 
PHOTO-1

県道沿いに標識がある

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ