・段戸こもれびの広場  北設楽郡設楽町田峯段戸
県道365号田峯三都橋線を北上し、栗島川に架かる五号橋を渡ったら、三都橋の道祖神 の左側、町道110号西川豊邦線に入る。 ここから1Km程走ると、正に木漏れ日が射す広場がある。 広場の中は綺麗に手入れされ、「天領の段戸」、「青嶺は木地師の地」、「段戸詩歌の里」などと彫られた石碑や、様々な歌が詠まれた石が置かれ、木漏れ日の中、一つ一つ巡って静かな一時を過ごすことができる。 
「木地師の地」と書かれている通り、この先、西川の部落に入ると、至る所に炭焼の施設があるが、ここまでの道のアチコチにも歌碑が点在し、「段戸詩歌の里」も実感できる。
東三河の公園・広場 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2019年07月20日撮影 】

(1)正に! 木漏れ日の広場

(2)

(3)

(4)

(5)天領の段戸、青嶺は木地師の地

(6)段戸詩歌の里

(7)様々な歌が詠まれた石が・・・

(8)

(9)せせらぎの音も心地良い・・・

(10)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ