和手家行者像  北設楽郡設楽町東納庫字アケミ
像の高さ103Cmの木造の行者像で、設楽町では珍しく、 町指定有形民俗文化財 となっている。
場所は分かり難い・・・・ 国道257号を北上し、名倉CCに入る道の手前を右折し、そのまま2Km程進んで、PHOTO-1の景色を目印とするしかない・・・・
最初、PHOTO-8の行者像があったのでこれかと思ったが、その背後にある祠の中に納められているのが文化財に指定されている像だという。 しかし、鍵が架けられていて、中を覗くこともできない。
春には、すぐ傍でカタクリの花 が楽しめる。
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 【 2015年09月10日撮影 】
PHOTO-1

右側の建物の手前を右に入る

PHOTO-2

この橋を渡ってすぐに左に入る

PHOTO-3

この中へ入って行く

PHOTO-4

すぐに右カーブになるが、ここを左に入る

PHOTO-5

すぐに石仏群が見える

PHOTO-6

PHOTO-7

この祠の中に文化財の行者様が祀られているが、鍵が掛けられて中を見ることはできない・・・・

PHOTO-8

PHOTO-9

PHOTO-10

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ