お井戸と榎下遺跡  新城市大野
大野地区の大野中央集会所の南西数十mの所に「お井戸」と呼ばれる湧き水がある。 そこには水天宮が祀られ、その前には飲料用、灌漑用、洗濯用と順に水槽が設けられており、今でも滾々と清水が湧き出ている。
そして、この井戸の上の畑からは約2.500年前、縄文時代の石器・土器が多数出土したという榎下遺跡がある。 ここを案内してくれた地元の方も、40年程前の子供の頃、この辺りでよくヤジり等を拾ったという。

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2015年07月11日撮影 】
PHOTO-1

国道151号を北上し、大野地区の中央集会所の看板の所を左に入る

PHOTO-2

「お井戸と榎下遺跡」 の案内標識がある

PHOTO-3

集会所とフェンスの間を進む

PHOTO-4

突き当りを右に曲がる

PHOTO-5

案内標識は大変親切 ・・・・

PHOTO-6

PHOTO-7

右の道を進むと・・・・

PHOTO-8

小屋が見えてくる

PHOTO-9

PHOTO-10

PHOTO-11

水天宮

PHOTO-12

PHOTO-13

今でも滾々と湧き出ている

PHOTO-14

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ