湯谷の薬師如来石像  新城市豊岡
この琉璃嵒山薬師如来の石像一体が奉安されたのは、寛政12年(1800)5月で鳳来寺の歇堂(けんどう)という人が頌(たたえる文章)をつくっていうのには 「この石の尊像は、薬師如来の徳性がそのままあらわれている。そして財賀を施す者には、福徳、知恵、寿命が限りなからしめんと誓願されているお参りする者には、この功徳がある。鳳液霊泉は、ますます玉のように湧き、これに浴するものは、病がたちどころになおるだろう。鏡智(佛の智慧)が生きとし生ける者にご利益を与えようとしている」 と述べられている。  【説明板より引用】

 薬師如来 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ