長全寺  新城市稲木土向山1025
曹洞宗長谷山長全寺の本尊は十一面観世音菩薩で、昭和33年4月1日 市指定文化財(美術工芸品)になっている。
楼門から入ると正面が本堂ではなく観音堂で、十一面観音の脇侍として毘沙門天と不動明王が立ち、奥三河七観音第1番霊場
この観音様の体の中には、もう一体の小さな観音様が入っていて、その観音様は、昔「稲木の長者」が、守り本尊にしていたものだという。
       新城昔ばなし「 稲木の観音様
春には、山門の右手にある桜が楽しめる。
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2015年01月31日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)観音堂

(5)写真をクリックすると拡大表示されます

(6)写真をクリックすると拡大表示されます
(7)
(8)写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ