14等級 明和白鳥神社のスギ  新城市作手高里字宮前11番地
明和地区の白鳥神社は天徳2年(958年)9月9日創建という古い社で、祭神は倭根子命。 例祭日は10月1日。
この神社の入口に、「新城設楽の巨木・名木」 に選ばれている2本の杉の大木があり、国道301号線からその雄姿を見る事が出来る。
国道301号線は交通量も多く、路駐という訳にもいかないが、鳥居の脇から神社に向かえば、境内に車を停めることができる。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2015年09月13日更新 】
PHOTO-1

鳥居は国道301号沿いにある

PHOTO-2

社殿の手前に ド〜ン と構える2本の杉の木

PHOTO-3

杉の木の間を通って拝殿に向かう

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

PHOTO-8

PHOTO-9

PHOTO-10

PHOTO-11

口の中は真っ赤

PHOTO-12

PHOTO-13

PHOTO-14

PHOTO-15

PHOTO-16

PHOTO-17

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ