宝昌院のいちょう  新城市黒田字広見1 
宝昌院は臨済宗 東福寺派の寺院で、山号は松林山、東三河四郡弘法大師69番霊場
国道301号八名農協前の交差点を東に進んで行くと、山門右手に黄色く染まった 幹周り 1.3m、推定樹齢 200年以上のイチョウの老木が目に入る。 途中、黒田公民館があるが、ここを直進すると分かり難いので、公民館の手前を左折してそのまま進んで行くと、P写真(1)の場所に行き着く。

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2011年11月26日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

(15)

(16)

(17)

(18)写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ