古宮の大ヒノキ(古宮白鳥神社の大ヒノキ)  新城市作手清岳宮山
樹高 29m、幹周り 5.85m、樹齢 600年以上と言われる大ヒノキ。
白鳥神社 の社殿の裏の樹木が茂る中に一本だけそびえる巨木。
枝が損壊部分にはトタンがかぶせてあるが、そこからも新しい芽が出ており、樹木の生命力に頭が下がる。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2010年04月22日更新 】
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ