名号池  新城市豊岡地蔵元
鳳液泉の足湯 から 湯谷の小滝 が見える所まで行くと、そこに馬の背岩 の説明版がある。その説明板に向かって右手の所から、下に降りられるように鎖がある。この鎖につかまりながら少し降りると、馬の背岩の切り目の所にある名号池を真下に望むことができる。
この名号池には鳳来町の伝説「 名号池」 や、「 名号池の雨乞いと釣鐘」の物語が伝わっている。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2018年02月23日撮影 】

(1)湯谷の小滝が目前に望める所にある・・・・

(2)説明板の右側を、鎖につかまりながら降りて行く

(3)真下に名号池を望む

(4)

(5)

(6)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ