石座石(いわくらいし)  新城市須長雁峰
雁峯山の中腹に、昭和33年4月1日   市指定文化財となっている 磐座信仰の巨石 「石座石」 がある。
石座神社 の本宮奥の院とも言うべきあらたかな大岩で、長径8mほどのあり、注連縄がかけられている。
国道301号から雁峯林道に入り、15〜16Km程進むと写真(2)の所に出る。 ここに手書きの案内標識があるが、写真(4)では「ここから100m」となっているが、写真(5)では1,000mとなっていて、最初はチョッと不安があった。 100mが正しいようだ。
途中、案内板もあるが、道らしき道が無いので判りにくい。
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2016年04月08日撮影 】

(1)国道301号から林道雁峰線へ入る。

(2)林道沿いにあるのですぐに判る。 ここに車も停められる

(3)

(4)100m先となっているが・・・・・

(5)これでは「ココヨリ1,000m」となっている…?

(6)ここを進むと、すぐに最初の案内板がある

(7)道は左に曲っているようだが、ここは右に入る

(8)道ははっきりしないが、先に案内板が見える

(9)案内板の手前を左に曲る

(10)すぐに大きな岩がゴロゴロしている

(11)

(12)

(13)

(14)石座石

(15)

(16)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ