しし垣  新城市布里
しし垣は、イノシシやシカ等の山の動物から農作物を守るために造られた物。
このしし垣は、元禄年間(1688〜1703)に造られた物といわれ、昔は長さが11kmもあったが、現在はその一部分が残っている。
説明板より引用
同様のもので 、豊川市の長沢フロノ下の猪垣 はその形を今に残している。 

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 
PHOTO-1

「町ごと屋根のない博物館」 の
看板の所を左折

PHOTO-2

PHOTO-3

ここも左折

PHOTO-4

しばらく行くと右側に説明板が見える

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ