旧鳳来町消防団第7分団第2部屯所  新城市川合字内貝津
この建物は大正10年代の建築とみられており、消防団の屯所として建てられ、宇連ダムの建設の時に警察官駐在所としても使われたという。
間口3間(5.4m)、奥行き2間(3.6m)の木造2階建て、外壁は白い横板を張ったものであり、屋根はかわらぶきで、上に望楼がついている。
智蔵院の前、JA愛知の西隣にあるので、場所的には判りやすい。     平成13年6月8日 市指定文化財


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
  

(1)

(2)

(3)

(4)写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ