重要文化財収蔵庫  新城市巣山字ハマイバ51
 昔、巣山地区に行基や空海が滞在し、それぞれが建てた金隆山高福寺と、野高山栖雲寺の2寺があったという。
いずれも、明治維新後に廃寺になり、そこに残された阿弥陀如来座像や薬師如来像など、多数の文化財を収蔵し管理しているのがこの収蔵庫。 普段は見ることができないが、春分の日に法要が行われ、この時に限り、拝観することが出来るという。
        鳳来の伝説「 高僧巡歴の里巣山

行基 空海 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 【 2017年11月16日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ