新昌寺・和気善兵衛宗勝之墓・伝高坂又八郎助宣之墓・横田十郎兵衛康景之碑・伝小山田五郎兵衛昌晟之墓  新城市
和気善兵衛宗勝は、1575年、長篠・設楽原の戦いの際、鳶ヶ巣山、久間山砦の守備をしていたが、21日夜明け、酒井忠次 他4,000騎と鉄砲隊500に背後を突かれ、有海まで逃れて討死。
墓は新昌寺の裏手にあり、同じ場所には、伝高坂又八郎助宣之墓、横田十郎兵衛康景の碑、伝小山田五郎兵衛昌晟の墓 もある。
また、ここに向かって左手には、鳥居強右衛門の墓 がある。

長篠・設楽原の戦い  酒井忠次  横田康景 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ