13等級 野邊神社・織田信忠本陣地  新城市富永字西田25番
創建は明らかではないが、天正3年(1575年)5月21日、長篠設楽原の戦いの時、織田信長 の嫡男・織田信忠の陣所となり、信長が本陣を置いた茶臼山 の南側、家康の嫡男である岡崎信康 本陣地の後ろに位置する。 この時、信忠は若干19歳。
          代々をへん 松風さゆる 宮居哉  中将
設楽原決戦のとき、織田信忠はこの句を当社殿の羽目板に書き必勝を期した。 7年後に 設楽貞通 が社殿を再建した時これを棟札にしたという。
祭神は菅原道真で例祭日は3月26日。
長篠設楽原の戦い 織田信長 織田信忠 岡崎信康 設楽貞通  詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年01月13日更新 】
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ