武田軍軍馬供養塔  新城市竹広字乗久根
武田軍の人馬を供養した塔婆で、竹広激戦地 石碑のすぐ側の連吾川の土手に建てられている。
当初は、武田家将士、武田家家臣将士、武田家軍馬、武田家家臣軍馬の四基あったというが、今は2基だけが残っている。
この2基も2005年2月21日時点では文字が擦れて何が書いてあるのか判らなかったが、今では新しく建て替えられて、文字もクッキリ読み取れる。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年05月28日更新 】

(1) 連吾川沿いに建てられている。

(2) 連吾川

(3)

(4) 2005年2月21日には、文字も消えて、こんな状態だった!

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ