五味与三兵衛貞氏の墓  新城市竹広
五味与三兵衛貞氏は越前の浪人で、長篠設楽ヶ原の戦いでは武田方として中山砦に布陣。 5月21日早朝、酒井忠次らの奇襲攻撃に遭い討死したという。
東郷東小学校の北側の道路を西に向かうと、道路の左手に石段が見え、その上の方にかすかにいろはかるたの看板を見ることができる。 木に覆われて見難いので、注意して見よう 確認できたら石段を上ってすぐ右手の崖っぷちの所に、墓石と 「いろはかるた」 の看板がある。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2012年05月24日撮影 】
PHOTO-1

この石段を上る

PHOTO-2

崖の所に 「いろはかるた」 の看板がある

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

PHOTO-8

PHOTO-9

PHOTO-10

PHOTO-11

墓から道路を見下ろす

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ