大谷城跡(おおやじょう)  新城市上平井字大谷 昭和33年4月1日  新城市指定史跡
田峯城 二代城主 菅沼定忠、又は 三代城主 菅沼定広が築城したとされ、どちらかは判然としない。 そして、定広の子 定継の代に新城古城 を築いて移り、この城は廃城となる。  現況は山林となっていて遺構ははっきりしない。
PHOTO-1の所に案内標識があるので、近くに車を停めて右に入ると、すぐにゆるい左カーブとなる。 すると数m先に右に曲がる案内標識がある。 ここから民家の横を通って10m程進むと、山の中に入って行く案内標識がある。後は山頂目指して進むのみ・・・ 車を停めた所から城跡まで10分はかからない。
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年03月21日撮影 】
PHOTO-1

遠景。 この山の上が城跡

PHOTO-2

近くに車を停めて、ここから入る

PHOTO-3

右に入ることができるが、ここは道に沿って左にカーブ

PHOTO-4

数mで右折して、民家のすぐ左横を入る

PHOTO-5

ここを進んで左にカーブ
案内標識は親切!

PHOTO-6

右手にお地蔵さまが祀られている

PHOTO-7

PHOTO-8

お地蔵さまの横を進んで山頂を目指す・・・ そんなに険しくない・・・・

PHOTO-9

どんどん進む

PHOTO-10

何となく分かれ道のような所を左に進む

PHOTO-11

ただ前進

PHOTO-12

案内標識がある。 チョッと曲がっているので、覗き込むように見る

PHOTO-13

標識に従って10m程進むと、前方に説明板らしきものが見えてくる

PHOTO-14

大谷城跡に到着

PHOTO-15

PHOTO-16

説明板はきれいだが、標識は文字が読み取れない。 一緒にきれいにしておいて欲しかった・・・

PHOTO-17

PHOTO-18

遺構らしきものは見当たらない・・・

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ