岩広城(広瀬城)跡  新城市富沢
正和元年(1312年)、設楽重清が振草から富沢に来て豊川の断崖の上に築城。その後、この岩広城を本拠として、川路城来迎松城 の支城を築く。
天正18年(1590年)、徳川家康 の関東移封に伴い武蔵国埼玉郷へ移ったが、慶長5年(1600)の関ヶ原の戦い後、再び設楽に戻った。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年03月11日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ