夷城(夷ヶ谷城)(えびす)  新城市上平井円の平
天正11年(1583) 周辺地域を治めていた奥平定雄が築城。 別名 夷ヶ谷城・円の平城とも呼ばれ、奥平信昌の四男で徳川家康の養子となった松平下総守忠明はこの城で生まれ、寛永16年(1639年)、播州姫路18万石の大名となる。
現在、城址は畑になっており、2005年1月15日には標柱だけだったが、今は説明板も立てられている。
昭和33年  4月 1日  市指定史跡
 
奥平信昌  徳川家康  松平忠明  詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【2017年03月09日更新 】

(1)

(2)

(3) 今は標柱の左に説明板がある

(4)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ