白岩温泉趾  新城市能登瀬字白岩
能登瀬の大銀杏 の南、高齢者生きがいセンター「市立おおぞら園」の北の細い通路を進んで行くと、水神宮が鎮座している。このお社を建て祭ったところ、下の川岸の割れ目から温泉が湧き出て、湯谷鳳液泉大野赤引温泉と共に、三輪川筋の三名泉と言われたという。
今は落ち葉に覆われているが、当時、この天然の露天風呂に浸かりながら、目の前を流れる宇連川の川面を眺めていると、爽快な気分が味わえことだろう・・・・・ 特に新緑の季節や紅葉の季節は絶好だったと思う・・・・・でも、一度に入れるのは2〜3人かな?
        鳳来町の伝説「 白岩温泉
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年12月18日撮影 】

(1)

(2)ここを真っすぐ進むと・・・・・

(3)水神宮があり・・・・・

(4)

(5)

(6)写真をクリックすると拡大表示されます

(7)ここを降りて行くと・・・・・

(8)昔、天然温泉が湧いていた

(9)
(10)温泉に浸かりながら、こんな川面を見ていたのか?

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ