勝変塚古墳   新城市一鍬田字実盛52 
宇利川沿いの低い段丘上にある直径8m、高さ1.7mの古墳時代後期の円墳で、横穴式石室の天井石が露出している。
      昭和33年(1958年)4月1日 新城市指定史跡
県道69号豊橋乗本線から正法寺の前の道を宇利川に向かって進み、正面を見ると、先に標柱が確認できる。 堤防沿いに7~80m進むと左手に墳丘が確認できる。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2016年04月19日撮影 】

(1) 遠くに標柱が確認できる。

(2) 堤防沿いに進む。

(3) 標柱と墳丘が見える。

(4)

(5)

(6)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ