摩訶戸古墳(まかご)  新城市一鍬田下六田
古墳時代後期(6~7世紀)に造られた円墳。
摩訶戸神社 の北周辺に、合計15基の古墳が分布し、1号墳は、横穴式石室が完全な形で残っている。
昭和33年(1958年) 4月 1日  市指定文化財(史跡) になっている。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2015年03月01日更新 】

(1)写真をクリックすると拡大表示されます

(2)

(3)この左の細い道を行く

(4)

(5)1号墳

(6)ロープに沿って進む

(7)

(8)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ