大ノ木遺跡(だいのきいせき)  新城市大宮大ノ木    
大宮構造改善センター (地区の方は「大宮公民館」と呼んでいる) の裏にあり、雁峰山(がんぼうさん)から流れる宮川によってできた台地にある遺跡で、石斧、矢じり、土器などが出土しているが遺構はない。
標柱と「石器時代の跡」 の石碑はあるが、これも殆ど判読不能。

昭和33年4月1日  市指定史跡
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年10月12日更新 】

(1) ここを入った突き当たり、写真の軽トラックの右横にある

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ