茶臼山古墳  新城市牛倉字城山 
茶臼山の山上にある3基からなる古墳群だが、確認できるのは1号墳のみ。
長篠設楽原PA へ行く途中、茶臼山公園の標識の所を右に鋭角に曲って、山の南端で大きく左カーブする所に右に下る道がある。  ここから50m程下ると左側に標柱が見える。 ここが1号墳で、半壊した横穴式石室が露出している。 2号墳、3号墳は確認できない。
昭和33年4月1日  市指定史跡
カーブしている所から少し進むと 茶臼山公園 があるので、ここに車を停めて、歩いて戻って来るといい。
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2016年12月21日撮影 】

(1)カーブしている所の北側は茶臼山公園へ行く道。ここが目印!

(2)道路の南側を見ると、山を下る道が見えるので、ここを入る。

(3)何とか道は確認できる。

(4)すぐに左手に白い標柱が見える。

(5)

(6)忠魂碑?

(7)石室が見える。

(8)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ