15等級 白山神社 新城市中宇利字曽根川南61-1
創建は明らかでない。祭神は白山比当ス(しらやまひめのみこと)で、例祭日は10月18日。
鳥居のわきの祠におまいりしてからそこの石を拾って帰り、膳箱の中に入れておいて、産月になったらその石を枕もとに置いておくと安産になるという。 新城昔ばなし「 お産のいっつぁま
そして、拝殿の裏の松林の中を進むと、敷石があり、四隅の石には竹竿が立てられるようになっていて、「がらんおさめ」の行事が行われるという。   新城昔ばなし「 がらんおさめ
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年07月31日更新 】

(1) 道路より鳥居を望む 【 2017年7月22日撮影 】

(2)

(3) お産のいっつぁま

(4)

(5)

(6)

(7) 拝殿の裏の松林の中を進むと・・・・

(8) 敷石がある

(9)

(10) ここで 「がらんおさめ」 の行事が行われるという

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ