愛宕山 愛宕神社 井代古城趾  新城市井代星越32
国道151号線を東栄町方面に向かう時、湯谷温泉 の手前で真正面に見えるおにぎり状の山が愛宕山(標高220m、比高50m)、その山頂に鎮座しているのが愛宕神社で、更にその奥には金毘羅大権現の祠が祀られている。
天安年間(857〜859年)、ここに竹田式部将監が井代城を築いたというが、遺構らしきものは見当たらない。
山頂からは井代の街並みが一望できる。 
国道沿いの登山口から山頂まで、ゆっくり歩いて15分程で到着する。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2018年06月25日撮影 】

(1)正面の山が愛宕山

(2)その頂に愛宕神社が鎮座している

(3)

(4)ここから登って行く

(5)左下に見えるのが国道151号線

(6)写真をクリックすると拡大表示されます

(7)写真をクリックすると拡大表示され、もう一度クリックすると元に戻る

(8)振り返るとこんな感じ

(9)後は幟旗を頼りに、ひたすら山頂を目指す

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)足場が悪くなってきた〜

(15)

(16)ジグザグに登ってくると・・・・・

(17)ベンチが備えられて・・・・・

(18)ここから街が一望できる。

(19)すぐ上には愛宕神社が鎮座しており、

(20)

(21)更にその上には

(22)金毘羅大権現が祀られている

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ