あかなし様と道祖神  新城市玖老勢字小林
1000年以上を経た生虫(大蛇)の祟りを慰めるため、鳳来寺から 「浄障無垢大善神」 という神号を貰ってここにお祀りしたという 「あかなし様」 信仰がある。
この塩の谷部落では、毎年盆の15日には、この『あかなし』様の前で松明を燃やし、鉦を叩いて、大蛇の霊をなぐさめているという。
      鳳来の伝説「 あかなし様

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年09月22日撮影 】

(1)塩の谷のバス停の北に、西に入る道がある。

(2)数10m進むと右側に道祖神が建ち並ぶ

(3)あかなし様は、「浄障無垢大善神」

(4)

(5)

(6)すぐ前には道祖神が・・・・

(7)

(8)馬頭観音

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ