旧高松小学校跡   新城市作手高松小林平
作手村立高松小学校は、明治25年(1891年)に開校したが、昭和34年(1959年) 9月26日の台風15号(伊勢湾台風)で校舎が倒壊。
昭和36年(1961年)4月1日、高松小学校・田代小学校旭小学校の3校が統合して協和小学校 が誕生。
県道435号作手保永海老線を北上し、小林三ツ滝 へ向かう林道に入るとすぐ右手に建物があり、その奥の山の上に校舎があったという。地元の古老の話では、宿直室が残っていたが、これも土砂崩れで崩壊し、石垣だけが残ったという。 石垣の上に校庭があるだろうと思ったが、とても、足を踏み入れる余裕はない・・・道路もここより上は通行止め! 今年の大雨の影響か? 止む無くここでUターン・・・
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年08月10日撮影 】

(1)左カーブする右手前に建物が見える

(2)

(3)ここから奥へ進む

(4)

(5)石垣だけが残っている

(6)この上に学校があった??・・・

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ