富栄のさいの神   新城市富栄貝津
富栄地区の国道151号から鳳来寺山パークウェイに向かう県道389号線沿いに、高さ30cm程の小さなさいの神が祀られている。
とてもとても小さいので、余程注意して見ないと判らないかも知れない。
さいの神は 「路傍の神」 というが、こんな小さなものを誰が造って、人里離れたこんな所に誰が祀ったのだろうか?
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2014年10月10日撮影 】

(1) 県道389号線を南下すると、このカーブの左側にある。

(2)とても小さいので見落とさないように・・・

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ