ムソウレの地蔵様  新城市玖老勢中山島
国道257号を北上し、玖老勢地区に入ると道が大きく右にカーブしている所がある。その曲がり角左手に、何体かの石仏が祀られていて、その横には「ムソウレの地蔵様」と書かれた看板が立てられている。 これは、天和2年(1682)に田峯の小野田長左衛門が、親族の追善供養として難所のこの一帯を改修し、交通安全を願って安置したものだという。
      鳳来の伝説「 むそうれの地蔵様

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2016年04月22日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ