へのこ地蔵  新城市布里七久保 このページを印刷
「へのこ」とは、男性の性器のこと。県道438号から雁峰林道に入ってしばらく進むと右手に看板があり、小さな川の対岸に鎮座している。
県道436号 と438号 の交差点に「町ごと屋根のない博物館」の案内板があり、誘われるように来てみたが、なんじゃこれ? 残念ながら、ここには説明版も無く、何のためにあるのかも判らない・・・ 
「町ごと屋根のない博物館」 に指定されているのだから、何か謂れがあると思うが、調べてみても判らない・・・・(*_*)
東三河の石仏 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 

(1)ここの橋を渡る

(2)後はひたすら進むのみ・・・・

(3)この案内板の所から沢に下りるが、かなりきつい・・・・

(4)沢の対岸に見える

(5)

(6)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ