光明寺とタイサンボク  蒲郡市大塚町広畑2
光明寺は天文年間(1532〜1555) に創建された浄土宗の古寺で、山号は太栄山、 東三新四国八十八ヶ所55番霊場。本尊の木造阿弥陀如来坐像は平安時代の作で、昭和60年3月27日 市指定文化財 となっている。山門を入ってすぐ右手には、蒲郡の名木50選(6) に選ばれている 幹周 1.14m、根回り 1.78m のタイサンボク があり、道路から塀越しに見ることもできる。
そして、山門を入ってすぐ左手には地蔵堂があり、岩瀬地蔵(舟止め地蔵・いたずら地蔵)が祀られている。    いたずら地蔵
      東三河の寺院はここをクリック      東三河の名木・巨木はここをクリック
タイサンボク このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
    

(1)

(2)

(3)

(4) 地蔵堂

(5) 舟止め地蔵(いたずら地蔵)

(6)写真をクリックすると拡大表示されます

(7)

(8)

(9)

(10)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ