五井城跡  蒲郡市五井町中郷
文治年間(1185〜1190)に源新宮十郎行家によって築かれた。 その後、戦国時代には鵜殿氏の居城となっていたが、松平信光の七男松平忠景が城主となり五井松平氏の祖となる。
天正18年(1590)6代伊昌の時徳川家康の関東移封に伴い、下総国印旛郡へ移り、7代忠実以降は交代寄合衆として明治まで続く。
城は八幡宮辺り一帯に築かれていて、神社の南側にある池が堀の名残という。

源新宮十郎行家  松平忠景  松平伊昌  松平忠実  徳川家康 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年11月19日更新 】
PHOTO-1

八幡宮

PHOTO-2

PHOTO-3

堀跡

PHOTO-4

PHOTO-5

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ