14等級 乙姫神社  蒲郡市水竹町下島121番
旧天王社といい、天正9年(1581)額田郡千万町より遷座、豊玉姫命(とよたまひめのみこと)、肆長津彦命、水分神を祭神とする神社で、慶長10年(1605)に領主 松平玄蕃頭の室乙姫君が乳の病気になり、この神社の神である豊玉姫命に祈ったところ病が治ったという。
” 乙姫 ” というユニークな名前の神社で、街中にありながら道路に面していない為にチョッと分かりづらい。
例祭日:10月第二日曜日

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2015年08月23日撮影 】
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ