波瀬城址  田原市波瀬町西郷
応仁年間(1467年~1469年)に渡辺豊後守守弘が将軍義政の命によって築いた城で、現在は 雷電神社、畑地、竹藪に変わり、遺構は確認できない。
近くに居た古老の話では、神社の東側から竹藪辺りに沢山の屋敷が建ち並んでいたので、この辺りを ” 殿屋敷 ” とも云うとの事。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2022年08月29日撮影 】

(1)雷電神社

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ


無断で写真・地図の複製を禁じます