上宮院正法寺(しょうほうじ)  豊川市赤坂町西裏69
真宗大谷派の寺院で、山号は太子山、本尊は阿弥陀如来。
推古天皇の時代(592〜628)に聖徳太子を祀ったのが起源とされ、絵画から彫刻、工芸品に至るまで様々な宝物があり指定文化財も多い。
中でも鎌倉時代の絹本著色釈迦如来像(県指定)と徳川家康が寄進した綱代団扇が有名。
境内には、昭和55年6月1日  市指定天然記念物 のイヌマキや、織田信長 の弟 有楽斎 ゆかりの ウラクサバキ(有楽椿)がある。
墓地には村落争いで身代わりになって刑死したという小木曽源七の墓がある。
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年02月04日撮影 】

(1)

(2)

(3)有楽椿

(4)イヌマキ

(5)

(6)写真をクリックすると拡大表示されます

(7)小木曽源七の墓

(8)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ