カシワの木  豊川市大木町 昭和57年3月29日  市指定天然記念物
県道498号(三蔵子一宮線)から少し入った旧家の庭にあるもので、樹高 6m、推定樹齢 300年以上、枝の広がりが大きなカシワの木。
カシワの木は江戸時代、モッコク・イトモミジとともに「酒屋門内の三名木」といわれたものとか・・・
注意して見れば道路から見えるが、「この先行き止まり」の路地を少し入った左手にある。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ