● 舞々辻 前のページへ戻る   HOMEへ戻る

 舞々辻という地名が、前山地区の中に小字名として今も残っています。前山公民館のある場所は、もと四周に土堤をめぐらし、中央の小高い塚に姫榊が茂り、身分の高い人の墳墓を思わせる所でした。大津市膳所町の緑心寺所蔵の伊奈城附近の地図には、本多家の御廟所として舞々辻とお松見の2か所が記されています。
 このように、伊奈城主の本多家初期のお墓のあった所で、土堤の内は大正の初めまでは1反歩ほどの松林になっていました。ですから、江戸時代は草刈男も無断で入ることは許されませんでした。毎年お盆と正月には、お松見と同じように東漸寺住職が参拝されます。
 この墓地の南側は平井地区の畑が続きます。そこにはT字路になった辻が多くあり、この辻を通ると道に迷う人がいたので、人々はこの辻を迷々辻と呼ぶようになったとも伝えられています。また、このあたりは小さな城跡があったと思われる所ともいわれ、城主は中野氏だったと考えられています。

  「小坂井のむかし話」(小坂井町教育委員会発行)より

舞々辻

一つ前へ戻る   HOMEへ戻る