●  しかすがの渡し 前のページへ戻る   HOMEへ戻る 

平安時代の豊川(飽海川)は、東海道の大切な道筋に当たっていましたが、現在よりも川幅が広く、橋がかけられませんでした。橋がかけられないので、船で行き来していました。
こうした船の発着するところを、「渡し」といいます。はっきりした場所は分かりませんが、小坂井町側は、小坂井・篠束・平井、豊橋市側は、牟呂町あたりであったと考えられます。この渡しを、「しかすがの渡し」と呼び、和歌などにもよく詠まれました。
  思ひたち 急ぎこしかど しかすがの 渡りにきてぞ いまは恋しき
この和歌も、平安時代に詠まれたものです。
「しかすが」とは、菅のしげった所とか、鹿が渡った所とかいろいろな説があります。また「しのづか」が「しかすが」に変化したのではないかとの説もあります。

小坂井のむかし話(小坂井町教育委員会発行)より 


柏木濱・志香須賀の渡し

一つ前へ戻る           HOMEへ戻る