● 佐奈川の野水と柳堤 前のページへ戻る   HOMEへ戻る 

 町の北西部を流れる佐奈川は、もともと堤防のない川でした。そのため大雨が降るたびに川の水があふれて畑に勢いよく流れ込みました。水は新町から西小坂井のお宮あたりを通り、平井でいちばん低地の西坂田へ流れていました。道が周りの土地より低かったので、川の役目をはたしたわけで、平井の人たちはその水の流れを見て「野水」と呼んでいました。
 佐奈川の洪水に悩んだのは、野水の出た地域より下流でも同じでした。北村の西の方で御津町との境に「柳堤」という小字があり、江戸時代に次のようなことがありました。
 伊奈村の人々は吉田城主に、田畑に水が流れ込まないように、堤防をつくってもらうことをお願いしました。願いを聞き入れた殿様は、北村から下佐脇まで堤防をつくり、その上を道にしました。その道の両側に柳の木を植えたことから「柳堤」の名がつきました。田畑を洪水から守る柳堤でせき止めた野水は、少しずつ水門から佐奈川と白川へ排水し、また一部は水田に利用されていました。
 しかし、昭和14年頃から佐奈川の大改修が始まり、20年頃には現在の佐奈川ができあがり、それ以後は野水の被害はなくなりました。

「小坂井のむかし話」小坂井教育委員会発行 より引用


柳橋

一つ前へ戻る           HOMEへ戻る